思い出に残る写真たち│マタニティフォトを撮影しよう

プランを選んで綺麗に写す

赤ちゃん

赤ちゃんが生まれて1ヶ月近くたつとお宮参りに連れて行きましょう。お宮参りという特別な行事に参加するとき、かわいらしい格好をさせて一緒に写真を撮って思い出づくりをしましょう。

もっと読む

印象で差をつける

男性と女性

証明写真はパスポートやマイナンバー、免許証に必要な写真です。また就職活動にも証明写真は使われます。自分の第一印象や見た目をさらに良く見せるために証明写真は写真館で撮影しましょう。

もっと読む

成長のアルバムをつくろう

スタジオ

東京にある写真館を利用する人が増えてきました。入園式や七五三、成人式などの行事後にキレイな写真を撮りたい人もいれば就職の履歴書に貼る写真も写真館で撮影する人も多いです。

もっと読む

記念に撮る1枚

妊婦

妊娠した芸能人やモデルがマタニティフォトの写真をSNS上でアップしているのは誰でも1度は見たことがあるでしょう。現在妊婦さんのお腹の変化や、大きなお腹の姿を撮ったマタニティフォトがとても人気を集めています。そんな素敵な光景を貴方も写真におさめてみましょう。
マタニティフォトの撮影の仕方は様々です。1ヶ月ごとのお腹の変化を写真に収める人も多くいますが、海のキレイなビーチなどを背景にして写真をとる人も増えてきているようです。撮影するなら旦那さんと相談をして、記念に特別な場所にすると良いですね。また大きなおなかに可愛らしい、文字を入れた華やかなペイント・イラストを施した方法も人気がありますよ。オリジナリティー溢れたマタニティイラストにするといつまでも写真は残るので良い思い出になることは間違いないでしょう。
マタニティフォトを撮るときの、お腹の大きさはだいたい7ヶ月から9ヶ月のお腹がだいぶ目立ってきた時期が理想です。臨月になってしまうと、いつ生まれてくるかわからない状態になります。マタニティフォトの撮影を予約していたのに、結局写真を撮ることができなかったという人も結構多いでしょう。なので検討している人は臨月の前に撮影すると良いですね。あと、伝統的なイベントでは予約が取りにくいことがあるようです。例えば、七五三や入学式、成人式のシーズンは避けたほうが良さそうです。また、写真スタジオによっては臨月や安定期に入る前などの撮影をお断りしている場所もあるので事前に確認しておきましょう。